“農家.com”はお客様へ「感動」を、農家様へ「感謝」をお届けします。 農家.com 農家.com はじめての方へ新規登録 >> ログインはこちらから Arrow ようこそ  ゲスト さん

エリアを隠す
お知らせ
売れ筋商品
観光情報
調理方法
カートの中身
トマトの受粉とホルモン剤
2017/07/07
農家.com農園
体験取材「練馬区大泉学園の農家」でトマトの受粉について次のように書きました。
 
露地ではトマトの受粉は風や虫がやってくれます。しかし、ハウスでは風も虫も少ないので、人工的に受粉を助ける必要があります。  一つの方法は、ハウス内にマルハナバチを放つことです。
 
マルハナバチを使用しない方法としては、ホルモン剤の使用があります。花にホルモン剤を吹き付けるのです。



このメカニズムについて少し詳しく説明します。
通常、トマトはめしべに花粉が受粉して実をつけます。ホルモン剤を吹き付けると受粉するとしたら、ホルモン剤には花粉が含まれているのでしょうか?
 
そうではありません。
本来花粉がめしべに受粉した時に発生する植物ホルモンが含まれているのです。それをトマトの花に吹きかけるとトマトが花粉で受粉したと勘違いして実をつけるのです。
 
受粉しなくても実が太ることを「単為結果」と呼びます。
例えば、キュウリは単為結果します。(受粉しても結果します。)
そしてホルモン処理によって人工的に起こされる単為結果を「他動的単為結果」と呼びます。


単為結果したトマトは種がないためゼリー部が少なく、果肉部が厚くなります。
露地栽培のトマトが美味しいと言われる理由の一つは、通常受粉で、ゼリー部が多いからかもしれません。

但し、トマトも品種によっては単為結果します。

(1枚目の写真は大玉トマト、2枚目の写真はミニトマトです。いずれも露地栽培です。下の写真は露地栽培のトマトを切った状態。ゼリー部が豊富です。)