“農家.com”はお客様へ「感動」を、農家様へ「感謝」をお届けします。 農家.com 農家.com はじめての方へ新規登録 >> ログインはこちらから Arrow ようこそ  ゲスト さん

エリアを隠す
お知らせ
売れ筋商品
観光情報
調理方法
カートの中身
トマトのわき芽
2016/07/05
農家.com農園
トマトは次々とわき芽が出ます。
 
栽培本にはよく「葉のつけ根から出てくるわき芽は、早めに摘み取って、主枝を充実させましょう」とか「わき芽は全て摘み取り、1本立てとします」などと書かれています。
 
さて、トマトのわき芽の出方についてよく見てみましょう。
 
下は先端部分の写真です。


二枚目の写真では茎や葉に番号をつけました。
 
①の茎、②の葉、③の芽の関係は分かりやすいでしょう。
 
まず、①の茎、②の葉があり、その後②のつけ根と①の茎にはさまれた部分(葉腋)から芽が出てきました。①と③の関係は、①が主軸/頂芽で③がわき芽です。


では、④の花茎、⑤の葉、⑥の茎との関係はどうでしょうか?
 
先に⑥の茎と⑤の葉があり、次に④の花茎が発生したと思いがちですが、それは間違いです。
 
まず、④の花茎から⑤の葉が発生し、そのつけ根から⑥の茎発生したのです。⑥の茎は④の花茎を片側に押しのけながら伸びるので、あたかも主軸であるかのように見えます。しかし、④と⑥の関係は、④が主軸/頂芽で⑥がわき芽です。
 
⑥のわき芽はその先端に次の花茎をつけます。
 
わき芽を摘み取り、1本立てにしたトマト(↓)は、1本の主軸が伸びたように見えますが、実はわき芽の連続なのです。