“農家.com”はお客様へ「感動」を、農家様へ「感謝」をお届けします。 農家.com 農家.com はじめての方へ新規登録 >> ログインはこちらから Arrow ようこそ  ゲスト さん

エリアを隠す
お知らせ
売れ筋商品
観光情報
調理方法
カートの中身
根深ネギの収穫可能な期間が長い理由
2015/01/04
農家.com農園
根深ネギの苗を5月に植えた場合、9月くらいから収穫が可能になります。
収穫可能な期間は長く、翌年の春まで収穫可能です。
 
関連記事:ベランダの植木鉢に植え替えた長ネギ

 
これだけ収穫可能な期間が長い野菜は他にありません。
 
下の写真は11月29日に撮影した根深ネギです。


根深ネギの収穫可能な期間が長い理由の一つは、根深ネギの利用部分(葉鞘)が深く土に覆われているからです。
 
関連記事:根深ネギの葉身、葉鞘、茎、根

 
根深ネギの収穫可能な期間が長いもう一つの理由は、古い葉が枯れても新しい葉が出てくるからです。
 
つまり、根深ネギの茎、根、葉鞘は暖かい土の中にあり、常に新しい葉鞘と葉身が作られるからです。下の写真では新しい葉が顔を出しています。



ネギは古葉が枯れても新葉が形成されるので、株の老化が少なく、苗床での育苗期間、本圃(ほんぽ)での収穫期間とともに延長が可能です。長く置くと裂球してしまう結球野菜や、老化が問題となるダイコンなどの直根類に比較して作期に弾力性があります。
 
(タキイ最前線2013秋号「野菜の作型と品種生態」より)