“農家.com”はお客様へ「感動」を、農家様へ「感謝」をお届けします。 農家.com 農家.com はじめての方へ新規登録 >> ログインはこちらから Arrow ようこそ  ゲスト さん

エリアを隠す
お知らせ
売れ筋商品
観光情報
調理方法
カートの中身
【送料無料】ホーム玉ねぎ10個セット【家庭菜園に最適】7月下旬から発送
 【送料無料】ホーム玉ねぎ10個セット【家庭菜園に最適】7月下旬から発送
 【送料無料】ホーム玉ねぎ10個セット【家庭菜園に最適】7月下旬から発送  【送料無料】ホーム玉ねぎ10個セット【家庭菜園に最適】7月下旬から発送  【送料無料】ホーム玉ねぎ10個セット【家庭菜園に最適】7月下旬から発送
商品名:   【送料無料】ホーム玉ねぎ10個セット【家庭菜園に最適】7月下旬から発送
販売価格:  ¥324
サイズ:  M
重量:  45g
在庫:  ×
生産者:   農家.com農園
生産地:  埼玉県
発送期間:  2017/07/24~2017/10/30
掲載終了日:  2017/10/30
商品の特徴
[こだわり有]
この商品の送料
北海道 北東北 南東北 関東 信越 中部・東海 北陸 関西 中国 四国 北九州 南九州 沖縄
1個まで 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
※地域名をクリックすると県別の送料が表示されます

オニオンセット栽培」「玉ねぎセット栽培」または「ホーム玉ねぎ」という言葉をご存じですか?

玉ねぎは通常9月に種をまき、11月頃定植し、翌年5月か6月に収穫します。


一方、「オニオンセット栽培」または「玉ねぎセット栽培」と呼ばれる方法では、3月に種をまきます。7月の段階では球根はまだ直径2cmの子球にしかなっていませんが、一旦葉が枯れ、休眠に入ります。8月下旬に再度畑に植え付けて育てると、12月に大きな玉となり収穫できます。9月、10月に植え付けると、翌年1月から3月にかけて収穫が可能です。11月に植え付けると通常の苗の定植と近くなり、翌年4月から5月に収穫が可能となります。


この栽培方法の利点は次の4つです。


  1. 通常の栽培方法よりも早い時期に新玉ねぎを食べられる。(オニオンセット栽培に適した品種は甘みがあり、生食用に向いています。)
  2. 栽培が超簡単
  3. 苗を定植するよりも大玉の玉ねぎが容易にできる
  4. 葉も青ネギとして美味しく食べられる。(通常の栽培方法だと収穫可能な時期には葉が枯れていますが、この栽培方法だと収穫可能な時期でも葉が青々としています。)


上記利点を見ると、オニオンセット栽培は家庭菜園に向いている栽培方法であることが分かります。

・栽培が超簡単で、まず失敗しません。
・家庭菜園でも大玉の玉ねぎができます。
・日当たりがよければベランダでも栽培可能です。
(成長が遅い場合は、収穫時期を遅らせれば大玉になります。つまり失敗しないのです。)


オニオンセット栽培は通常の栽培方法よりも手間とコストがかかります。したがって、プロの農家はオニオンセット栽培をしません。一方、家庭菜園ではプロの農家ほどコストにシビアではありません。新鮮な玉ねぎを(青ネギとなる葉も)冬から春にかけて自宅で収穫できるということが重要です。


したがって、オニオンセット栽培の子球は「ホーム玉ねぎ」と呼ばれます。

ところが、「ホーム玉ねぎ」は普通の種苗屋では売られていません。プロの農家は買わないからです。

ネットでは売っているところもありますが、少量だと高いし、安いと量が多すぎるのです。


例えば、バラ売りでは、1球58円(税込・送料別)というネットショップがあります。

10個注文して送料を加えれば1,200円位になり、1球あたり120円になります。収穫後の玉ねぎをスーパーで買っても1個40円位であることを考えると、子球1個120円は高すぎる感じがします。


一方、100個2,100円(税込・送料込)というネットショップもあります。
これなら1球21円なのでリーゾナブルですが、60cmプランターで3~4球しか植えられないことを考えると、家庭菜園で100個は多すぎます。


そこで、当店では、約45g、10個、324円(税込・送料込)で販売することにしました。


---------------------------------------------------------------------------------------
(1)内容量
家庭菜園にちょうどいいように約45g(10個)に小分けにして販売いたします。
通常郵便でお送りしますので、全国一律送料込みのお値段(324円)です。


(3)植え付けと収穫の時期
 植え付け:8月下旬~11月
 収穫:12月~5月
植え付け時期が早ければ収穫時期も早くなります。


(3)栽培方法
子球の上部(首)がわずかに出る程度に植え付けます。